【スターティアウィル】精神障がい者雇用促進セミナー実施

ホーム > メディア > セミナー・イベント > 【スターティアウィル】精神障がい者雇用促進セミナー実施
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【スターティアウィル】精神障がい者雇用促進セミナー実施

【スターティアウィル】精神障がい者雇用促進セミナー実施 

 12月10日(木)、特例子会社のスターティアウィル株式会社(本社:千葉県千葉市、代表:飯田和一)は、70社の企業を対象にした、精神障がい者雇用支援オンラインセミナー「Withコロナにおける 精神障がい者の職場定着を考える」(主催:神奈川県 共催:神奈川県労働局 運営特定非営利活動法人かながわ精神障害者就労支援事業所の会)にて代表の飯田和一が基調講演の講師を務めました。

 当日は、精神障がい者の新しい働き方の実践報告として、スターティアウィルで行っている「精神障がい者のテレワーク」について運用のポイント、ツール、問題点などについてお話しいたしました。スターティアウィルでは、昨年12月から精神障がい者の体調やメンタルの不安定による欠勤をテレワークで代替するためにクラウドストレージ『セキュアSAMBA』などのシステム導入や、ワークフローの構築を行い、精神障がい者の出勤率を引き上げるなど成果を出しております。



 2018年4月に障害者雇用促進法で精神障がい者の雇用が義務付けられ、以前より精神障がい者の就職数は上がったものの、就職後1年で50%以上が離職してしまう状況です。更に2021年3月には障害者雇用率が2.2%から2.3%に上がることが決まっております。スターティアウィルでは今後も特例子会社として自社の障がい者雇用を促進するだけではなく、企業や就労移行事業所に通所する障がい者向けに、セミナーや座談会を通じて就労に役立つ情報提供を積極的に行っております。


■スターティアウィルについて
 スターティアウィルはスターティアホールディングスの特例子会社として、2017年7月3日に設立、現在は従業員11名(身体障がい5名(重度2名)、精神障がい6名)で、主にスターティアグループのデータ入力業務受託・業務請負を行っております。自社の障がい者雇用だけではなく、代表の飯田和一を中心に、企業や就労移行事業所に通所する障がい者向けに、就労に役立つ情報提供をセミナーや座談会を通じてこれまで40回行っております。今後も、自社の雇用に真摯に取り組むのは勿論のこと、就労支援機関や就労移行事業所、またハローワークなどと連携を図り、自社のみならず障がい者雇用をより一層推進し、社会に貢献して参ります。

会社名:    スターティアウィル株式会社
URL:     https://www.startiawill.co.jp/
所在地:    千葉県千葉市中央区栄町36-10甲南アセット千葉中央ビル8階
代表取締役:  飯田和一
主な事業内容: スターティアグループのデータ入力業務受託
        その他、スターティアグループの業務請負
        障がい者雇用のコンサルティング


■報道関係のお問い合わせ先
スターティアホールディングス株式会社 広報
MAIL: release@startiaholdings.com
下記よりお問い合わせください。

マスコミの方のお問い合わせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加