まち歩き環境向上を図る熊本市の施策、 99カ所の観光案内サインにクラウドサーカスのAR「COCOAR」が採用

ホーム > メディア > プレスリリース > まち歩き環境向上を図る熊本市の施策、 99カ所の観光案内サインにクラウドサーカスのAR「COCOAR」が採用
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まち歩き環境向上を図る熊本市の施策、 99カ所の観光案内サインにクラウドサーカスのAR「COCOAR」が採用

まち歩き環境向上を図る熊本市の施策、
99カ所の観光案内サインにクラウドサーカスのAR「COCOAR」が採用

 

 スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都、代表:本郷秀之、コード:3393)は、連結子会社でデジタルマーケティング事業を手掛けるクラウドサーカス株式会社(本社:東京都、代表:北村健一)が提供する、ARツール「COCOAR(ココアル)」において、本年4月~2024年3月末までの期間を予定し、熊本市のまち歩き環境の向上やインバウンド再開に向けた施策のひとつとして、99カ所の観光案内サインに採用されたことをお知らせします。



■活用内容
 熊本城、水前寺成趣園周辺など、熊本市内に設置されている99カ所の観光案内サインに「COCOAR」が活用されています。仕組みは、COCOARアプリ(無料)をダウンロードし、観光案内サインをかざすと、案内サインに表示されている数カ所の行き先が画像と紹介文(日本語・英語)でスライド式に表示されます。また、熊本市の公式観光WEBサイト(URL: https://kumamoto-guide.jp/)のリンクが表示される仕組みになっています。尚、本件は、熊本市内で主に看板制作をする株式会社アートスペース(本社:熊本県、代表:村田洋)にてデジタルマーケティングSaaS「Cloud CIRCUS」のクリエイティング企業向けパック「Cloud CIRCUS for Creative」をご導入いただき採用に至りました。


■エンドースメント
熊本市 観光政策課 中村主任主事
観光案内サインにARを活用することで、モバイル端末と連動した観光地への誘導だけでなく、観光施設の情報収集も可能になりました。本施策を通じて、本市の街歩き環境の向上や観光地来訪の一助となることを期待しています。また今後もインバウンド需要回復期を見据えた多言語対応を含め、デジタル技術を活用した観光客の受入環境の整備を推進し、国内外からの観光客の満足度向上を図ってまいりたいと思います。

株式会社アートスペース 代表取締役 村田洋
ICTを活用した観光案内サインを検討するにあたり、専用アプリの制作と比較して時間とコストを抑えることができるCOCOARを導入しました。COCOARは画像以外にも動画や3Dなど豊富なコンテンツ表示が可能であり、更にはログデータによる効果測定も行えるため、今後観光客の多様なニーズに合った施策に貢献できると考えています。

クラウドサーカス株式会社 代表取締役CEO 北村健一
新型コロナウイルスの感染拡大により国際的な人流は滞り、各国が渡航規制を実施しています。そのような中でも情報をデジタル発信する重要性は変わりません。今回、アートスペース様を通して、熊本市の観光案内サインに採用いただけたことを大変嬉しく思います。また、今後も私たちはプロダクトに磨きをかけ、地域社会に貢献して参ります。


■ARツール「COCOAR」について https://www.coco-ar.jp/
 「COCOAR」はARコンテンツが制作できるツールで、アプリ経由で任意の紙、商品パッケージなどを読み込むと、動画・音楽・URL・3Dといった設定されているオリジナルコンテンツの表示が可能で、主に集客・広告ツールとして  活用されています。アプリのDLは320万以上、2,400社以上の企業に導入されています。(2021年6月末時点)


■デジタルマーケSaaS「Cloud CIRCUS」について https://cloudcircus.jp/about/
 Cloud CIRCUSは、デジタルマーケティングのSaaS総称サービスです。「驚くほど簡単に顧客を増やせるしくみ」をスローガンに、2015年から提供を開始し、顧客を増やす5つの課題領域「情報発信」「集客」「顧客体験価値向上」「見込み顧客育成と顧客化」「解約防止・リピート増」を総合して実現、計10種のSaaSツールが入っています。これまで累計22,000件以上の企業の収益拡大における支援を行って参りました。(2021年6月末時点)企業はCloud CIRCUSを活用することで、ポスター等、紙媒体にARを設定しWebサイトへの誘導を促し、Webサイトの閲覧履歴を計測、自社の製品やサービスに興味がある有望な顧客を割り出し、顧客の関心事に合ったシナリオに基づいて電子メールを送信するといった自動的な販売促進活動が可能です。


■クラウドサーカス株式会社について https://cloudcircus.jp/company/
 世界標準のマーケティングエコシステム」をビジョンとして掲げるクラウドサーカス株式会社は、デジタルマーケティングSaaSである「Cloud CIRCUS」の開発・提供を主力事業として展開しています。「Cloud CIRCUS」は、中小企業を中心に22,000件以上に導入され(2021年6月末時点)、日本そしてアジアのサステナブルなビジネス環境を創造していきます。

会社名      :クラウドサーカス株式会社 (英文表記:Cloud CIRCUS Inc.)
所在地      :〒163-0919東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス21F
代表者      :代表取締役CEO 北村健一 
資本金      :150,000千円
事業内容     :デジタルマーケティングSaaS「クラウドサーカス」の開発・販売及び、
          デジタルマーケティングに関するコンサルティング・受託業務


■スターティアホールディングスについて  https://www.startiaholdings.com/
スターティアホールディンググループは、デジタルマーケティング(事業会社:クラウドサーカス株式会社)とITインフラ(事業会社:スターティア株式会社、スターティアレイズ株式会社、C-design株式会社、等)を通じ、中小企業のデジタルシフトを進めていきます。「最先端を、人間らしく。」をコーポレートスローガンに、デジタル技術やサービスを、分かりやすく寄り添って提供します。

会社名      :スターティアホールディングス株式会社
所在地      :東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表者      :代表取締役社長 兼 グループ最高経営責任者 本郷秀之
設立       :1996年2月21日
上場取引所    :東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3393)
事業内容     :グループ会社の経営管理等


■報道関係のお問い合わせ先
スターティアホールディングス株式会社 広報
MAIL: release@startiaholdings.com
下記よりお問い合わせください。

マスコミの方のお問い合わせ

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加