クラウドストレージ 『セキュアSAMBA』、テレワーク時のセキュリティ対策を強化、 未登録PC端末からアクセスを禁止、11月5日(木)から

ホーム > メディア > プレスリリース > クラウドストレージ 『セキュアSAMBA』、テレワーク時のセキュリティ対策を強化、 未登録PC端末からアクセスを禁止、11月5日(木)から
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウドストレージ 『セキュアSAMBA』、テレワーク時のセキュリティ対策を強化、 未登録PC端末からアクセスを禁止、11月5日(木)から

クラウドストレージ 『セキュアSAMBA』、テレワーク時のセキュリティ対策を強化、
未登録PC端末からアクセスを禁止 11月5日(木)から


 スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)の、連結子会社であるスターティアレイズ株式会社(本社:東京新宿区、代表:古川征且)は、クラウドストレージ「セキュアSAMBA(サンバ)」において、テレワーク時のセキュリティ対策の強化を目的に、登録されていないPC端末からのアクセスを禁止するなど新たな機能を追加し、11月5日(木)より提供することをお知らせいたします。

(画像: 端末設定する際のセキュアSAMBA管理画面)


 クラウドストレージは、ユーザーがサーバを導入しなくても、インターネット上でデータの保管や共有が行えるサービスです。昨今、働き方改革や新型コロナウイルス感染の拡大を契機に、テレワークが推進され、ビジネスで扱う書類やファイルをクラウドストレージで共有する機会が増えてきております。

 セキュアSAMBAは、企業での利用を目的として開発し、高セキュリティはもちろんのこと、簡単操作で低価格からご利用いただけるよう2007年12月から提供しております。2014年7月より、Amazon Web Services (AWS) にインフラ基盤を移行して、データの機密性、完全性、可用性を大幅に向上させ、ユーザー企業に応じて細かなアクセス権限、セキュリティポリシーの設定できる実装しており、2019年7月には、UI(ユーザーインターフェイス)の使いやすさを考慮し、シングルサインオンの実装、ファイルの全文検索機能、AIを用いた画像検索機能などを新たに実装いたしました。そして、SaaS型コンテンツ・コラボレーション市場(従業員100人未満)のベンダー別売上金額推移およびシェアで3年連続№1を獲得、2020年10月には2,500社以上の中堅中小企業を中心にご導入いただきました。

 今回の機能拡充は、テレワークによるセキュリティ脅威増加への対応として、セキュリティ対策機能の強化と 生産性向上の観点でWindowsアプリケーションソフトのUI改善です。そのためテレワークで作業をする際の情報漏洩リスクを軽減することができ、作業効率を落とすことなく、柔軟な働き方が実現できるようになります。その他、お客様から多数要望をいただき、シェアとお気に入り設定がフォルダでも可能になりました。

 スターティアレイズでは今後も、クラウドストレージやRPAのサービス拡充および拡販を進め、企業の業務効率化と生産性向上の支援を行い、日本のテレワークの推進や働き方改革へ貢献して参ります。


※ITR「 ITR Market View:コラボレーション市場2020」SaaS型コンテンツ・コラボレーション市場
 -従業員100人未満:ベンダー別売上金額推移およびシェア(2018~2020年度予測)より


■業界別、セキュアSAMBAの導入事例・効果

・サービス業:本社や店舗間でのファイル共有
・印刷、出版業:クライアントごとのサーバに対するコストや管理工数を削減
・公共団体:郵送や直接の受け渡しで行っていた大容量データの共有
・医療、福祉業:情報資産の共有と閲覧履歴の管理
・情報、通信業:外出先からの共有データの閲覧
・製造業:本社・直営店・加盟店で分け、社内外の情報共有ツール
・不動産業:ペーパレス化

■セキュアSAMBAについて
 スターティアレイズが提供する法人に特化したクラウドストレージサービスです。デスクトップアプリ、ブラウザ、スマートデバイスからアクセス可能で、他拠点や自宅・お取引先とも簡単にファイルの共有・交換を行うことができます。高セキュリティはもちろんのこと、簡単操作できめ細かなアクセス制限ができ、低価格でお客様の用途に合わせて容量をカスタマイズすることができます。
https://securesamba.com/


■スターティアレイズについて
 スターティアレイズは国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA(サンバ)」及び業務自動化ソリューション事業「ReiWorQ(レイワーク)」を中心に展開しております。新たに取り組む領域では、PC作業の自動化支援をはじめ、人工知能を使ったファイル自動識別での検索サポートなど、労働者の作業効率を向上させるサービスを他事業者とのアライアンスを駆使して、新しい価値のITツールを市場に先駆けて展開して参ります。
https://www.startiaraise.co.jp/


・設立年月: 2017年11月

・資本金: 90百万円

・代表者: 古川征且

・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階

・事業内容: クラウドストレージ・RPA関連事業

 
■会社概要
会社名   :スターティアホールディングス株式会社
URL    :https://www.startiaholdings.com/
所在地   :東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代表者   :本郷秀之
上場取引所 :東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3393)
事業内容  :グループ会社の経営管理等

 ■報道関係のお問い合わせ先
スターティアホールディングス株式会社 広報
下記よりお問い合わせください。

 

マスコミの方のお問い合わせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加