「Famiee Project のパートナーシップ証明書」受入れを決定

ホーム > メディア > プレスリリース > 「Famiee Project のパートナーシップ証明書」受入れを決定
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Famiee Project のパートナーシップ証明書」受入れを決定

多様な家族形態が当たり前に認められる社会を目指す

「Famiee Project のパートナーシップ証明書」受入れを決定



 

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、一般社団法人 Famiee(所在地:東京都千代田区 代表理事:内山幸樹、以下:Famiee)の展開するFamiee Projectに賛同し、Famieeが2020 年 7 月 より発行する「パートナーシッ プ証明書」を受入れることを表明いたします。


■「パートナーシップ証明書」について

「家族」という概念が多様化し、従来の「夫婦」「親子」「家族」に当てはまらない新しい家族の形が生まれてきているなか、既に複数の地方自治体では同性カップル向けのパートナーシップ制度が導入され始めています。一方で、パートナーシップ制度を享受できるのが居住者に限られるなどの課題も依然としてあります。Famieeでは、法的に婚姻関係と認められない多様な家族形態の方々が、住んでいる国や地区などに関わらず家族関係を証明することができるよう家族関係証明書を提供。その第一弾として、2020年7月より同性カップル向け「パートナーシップ証明書」の発行を開始します。


スターティアグループでは、その経営理念に

社会のニーズとマーケットを見極め

人と企業の未来を創造し

優れた事業と人材を輩出するリーディングカンパニーを目指す


を掲げています。多様な家族形態が求められる中、社会の公器としての責任と、多様な価値観を持つ従業員がいてこそ、優れた事業の創出と傑出した人材の輩出が出来るトップ企業であるとの考えのもと、Famieeの取り組みに賛同し、「パートナーシップ証明書」を当社で受入れることと致しました。


スターティアグループでは、今後も社員が互いに多様な個性を尊重し、「感謝」「挑戦」「楽しむ」という3つのワーキングスタイルのもと、優れた事業を産み出し続けてまいります。


■Famiee Projectの概要について

同性カップルや事実婚カップル等、法的には婚姻関係と認められない多様な家族形態の人たちが、住んでいる国や地区などに関らず家族関係を証明する「家族関係証明書」を得られるようにします。家族関係証明書をもとに、家族向けサービスや権利を提供する民間企業を増やしてまいります。またブロックチェーンの技術を活用し家族関係証明書の半永久的なデータの保管を行うことも目指します。

Famiee Project サイト:https://www.famiee.com 


■報道関係のお問い合わせ先

下記よりお問い合わせください。

マスコミの方のお問い合わせ

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加