【スターティアレイズ】定型作業の自動化で生産性向上、業務改革を推進。クラウド上でRPAの構築ができる新サービスの提供開始

ホーム > メディア > プレスリリース > 【スターティアレイズ】定型作業の自動化で生産性向上、業務改革を推進。クラウド上でRPAの構築ができる新サービスの提供開始
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【スターティアレイズ】定型作業の自動化で生産性向上、業務改革を推進。クラウド上でRPAの構築ができる新サービスの提供開始

定型作業の自動化で生産性向上、業務改革を推進
クラウド上でRPAの構築ができる新サービスの提供開始


 スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:本郷秀之、東証一部:3393)は、連結子会社であるスターティアレイズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:古川征且)において、定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をクラウド上で構築できる新サービスの提供を12月18日(水)より、開始したことをお知らせいたします。

biztexcobitlogo.png


 今回スターティアレイズにて開始するのは、BizteX株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:嶋田光敏)が開発・提供するクラウドRPA「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」です。クラウドRPA「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」は、クラウドを通じてデジタルロボットの構築および運用ができるサービスで、従来のRPAサービスの様に専用のスタンドアローン型のPCを用意する必要なく、Webブラウザを立ち上げるだけでデジタルロボットの作成が行えます。また直感的に操作できるUIのため、プログラミング知識がなくとも、気軽にご利用頂くことが可能です。クラウド型であることから外出先でも操作が可能なため、特にテレワーク(在宅勤務)を採用している企業での利用を見込んでおります。
 またスターティアレイズでは、AI-OCR(AIを活用した光学式文字読み取り装置)やRPAなど複数の業務自動化サービスを包括した業務自動化ソリューション「ReiWorQ(レイワーク)」の提供を行っておりますが、この度、サービスプランにクラウドRPA「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」を追加したことで、各種業務自動化サービスと連携したソリューションの提供が可能となります。
 例えば手書きの書類をAI-OCRを用いて自動的にデータ化し、クラウドストレージ「セキュアSAMBA(サンバ)」に保管。保管されたデータを「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」で作成したデジタルロボットにより自動的にデータベースに入力するといった業務自動化が可能となることから、生産性向上を促し企業の業務改革を推進いたします。
 今後もスターティアレイズでは、ソリューションパートナーを広く募集し、業務自動化ソリューション「ReiWorQ(レイワーク)」のサービス強化をはかって参ります。

■ReiWorQ(レイワーク)とは
 AI 技術を搭載した OCRや RPA など複数の業務自動化サービスを包括したスターティアレイズ株式会社が提供する業務自動化ブランドです。REINCARNATE(生まれ変わらせる)、WORK(ワーク)、QUALITY(良質)、QUEST(追求)、QUICK(速い)、スターティアレイズのレイ、令和(新元号)を組み合わせた造語で、新時代のオフィス業務を表現しています。
ReiWorQホームページ:https://reiworq.com/20190701_reiworq_02.png


■ReiWorQ(レイワーク)サービスラインナップ

RPAツール
「Robo-Pat(ロボパット)」

Robo-Pat(ロボパット)とは、現場部門から業務自動化を推進するために開発された純国産のRPAソフトです。画像認識でのロボ作成が中心のため、プログラマーやエンジニアが社内にいない企業様でも簡単に導入が可能です。

RPAツール
「WinActor(ウィンアクター)」

WinActor(ウィンアクター)とは、NTT研究所によって開発された純国産RPAソフトです。複数パターンのロボ作成方式の組み合わせと、フローチャート方式でのロボ作成手順により、複雑な業務処理にも柔軟な対応が可能です。

AI-OCRソフト
「ReiWorQ AI-OCR」

「ReiWorQ AI-OCR」とは、AI inside株式会社が開発・提供するAI技術を搭載したOCR(光学的文字認識)サービスです。AIを搭載したOCRのため従来のOCRでは判別が困難であった手書き文書も高精度でデジタル化することができます。

クラウドストレージ
「セキュアSAMBA(サンバ)」

スターティアレイズが開発・提供するクラウドストレージサービスです。複合機との連携でスキャナ、PC-FAXの保存先として、AI-OCRとシームレスに連携することでデジタル化したデータを素早く展開することができます。
RPA導入支援コンサルティング RPAのプログラムを構築し導入するといった方式ではなく、お客様自身で自社にあったRPAのプログラムを構築できるようにすることを主眼においた導入支援を行っております。
クラウドRPAツール「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」 BizteX cobit(ビズテックス コビット)とは、プログラミング知識の無い人でも、Webを中心とした定型業務を直感的に自動化出来る、国内初のクラウドRPAです。
特徴として、PCをシャットダウンしていてもクラウドでロボットが稼働できる点や、Webブラウザでロボットの構築・管理ができ、常に最新機能を利用することが可能となっております。
※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。


■会社概要
スターティアレイズ株式会社について
 スターティアレイズは国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA(サンバ)」及びRPA関連事業を中心に展開しております。新たに取り組む領域では、PC作業の自動化支援をはじめ、人工知能を使ったファイル自動識別での検索サポートなど、労働者の作業効率を向上させるサービスを他事業者とのアライアンスを駆使して、新しい価値のITツールを市場に先駆けて展開して参ります。


・設立年月: 2017年11月
・資本金: 90百万円
・代表者: 古川征且
・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1
・事業内容: クラウドストレージ・RPA関連事業
・ホームページ:https://www.startiaraise.co.jp/raise_logo2.png



BizteX株式会社について
 
BizteX株式会社は「テクノロジーで新しいワークスタイルをつくる」をミッションとし2015年に創業したデジタルソリューションカンパニーです。国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供し、テクノロジーの力で人間をルーティンワークから解放し、創造的な業務に集中できるようにすることで、生産性と創造性の向上や新しいワークスタイルの創造に貢献していきます。2018年6月、経済産業省のスタートアップ育成支援プログラム、J-Startup企業に選ばれ、2018年10月、公益財団法人日本デザイン振興会による「2018年度グッドデザイン賞」をRPAツールとして初めて受賞しました。

・設立年月: 2015年7月
・代表者: 嶋田 光敏
・所在地: 東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館2F
・事業内容: クラウドRPA「BizteX cobit」の開発、設計、販売および導入コンサルティング
・ホームページ:https://www.biztex.co.jp/biztexlogo.png


■製品・サービスに関するお問い合わせ先
スターティアレイズ株式会社 業務自動化ソリューション部
TEL:03-6316-1488 MAIL:contact@startiaraise.co.jp

BizteX株式会社 広報担当
MAIL:info@biztex.co.jp

■報道関係のお問い合わせ先
下記よりお問い合わせください。


マスコミの方のお問い合わせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加