【スターティアレイズ】AWSアドバンスドテクノロジーパートナーに認定

ホーム > メディア > プレスリリース > 【スターティアレイズ】AWSアドバンスドテクノロジーパートナーに認定
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【スターティアレイズ】AWSアドバンスドテクノロジーパートナーに認定

【スターティアレイズ】AWSアドバンスドテクノロジーパートナーに認定

 

 スターティアレイズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:古川征且)は、Amazon Web Services(以下AWS)が提供する AWS Partner Network(以下APN) において、アドバンスドテクノロジーパートナーに認定されたことをお知らせします。


 APNテクノロジーパートナー は、AWS プラットフォームでホストされている、または、AWS プラットフォームと統合されているソフトウェアソリューションを提供するパートナーです。当社が自社開発するクラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」は、AWSプラットフォームにホストしたサービスを提供しております。当社は、2018年4月よりAPNテクノロジーパートナーとして参加し、同年9月には「スタンダード(現:セレクト)」に認定、本年1月にAPNテクノロジーパートナーの最上位である「アドバンスド」の認定を受けました。セキュアSAMABAは高セキュリティのもと、簡単操作できめ細かなアクセス制限ができ、用途に合わせて容量をカスタマイズすることができることから、中堅中小企業を中心に1,650件以上に導入して参りました。1 当社は今後もAPNによる支援を積極的に受け、AWSに関する専門知識を高め、セキュアSAMBAにおけるシステム開発やサービス向上を行い、企業の生産性向上を支援して参ります。
セキュアSAMBA:https://securesamba.com/


■AWS Partner Network (APN) とは
 AWS の世界的なパートナープログラムです。ビジネス、技術、マーケティング、および販売促進をサポートすることで、APN パートナーが AWS ベースのビジネスやソリューションの構築に成功するよう支援することに重点を置いています。(公式サイトhttps://aws.amazon.com/jp/partners/より抜粋)



■会社概要
 スターティアレイズは国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」及びRPA関連事業を中心に展開しております。新たに取り組む領域では、PC作業の自動化支援をはじめ、人口知能を使ったファイル自動識別での検索サポートなど、労働者の作業効率を向上させるサービスを他事業者とのアライアンスを駆使して、新しい価値のITツールを市場に先駆けて展開して参ります。


・設立年月: 2017年11月
・資本金: 90百万円
・代表者: 古川征且
・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1
・事業内容: クラウドストレージ・RPA関連事業
・ホームページ: https://www.startiaraise.co.jp/



※アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、 (リリース内で利用したサービス 名:Amazon EC2)および Amazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連 会社の商標です。
※1 2019年1月末時点の数字です。


■製品・サービスに関するお問い合わせ先
スターティアレイズ株式会社 ソリューション営業部
TEL:03-6316-1488 MAIL:contact@startiaraise.co.jp

 

■報道関係のお問い合わせ先
スターティアホールディングス株式会社 広報IR課 
TEL:03-5339-2109 MAIL:release@startiaholdings.com


マスコミの方のお問い合わせ

 

 





  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加