ホーム > 企業情報 > 代表メッセージ

代表メッセージ

アジアNo.1
シェアを持ったサービスを創る。

当社は1996年に創業し、企業の生産性を高めるべく、多様なITソリューションで事業に取り組んでまいりました。どんなに優れた技術やアイデアでも、人に使ってもらえなければ意味がありません。「最先端を、人間らしく。」というグループスタイルの下、一見難解でわかりにくいIT技術やサービスを、最先端の三文字に込めつつ、人間らしく、わかりやすく、企業に提供・支援を行っております。

この度、当社は、各事業の迅速な意思決定並びに機動力を持った経営の推進を目的として、2018年4月1日をもって、持株会社体制へ移行いたしました。当社は商号を「スターティアホールディングス株式会社」へ変更し、グループ全体の経営管理を行う持株会社へと移行し、各事業を担う事業会社を新たに5つ設立いたしました。新たに設立したITインフラ事業を担うスターティア株式会社、クラウドストレージサービスおよびRPA(Robotic Process Automation)関連事業を担うスターティアレイズ株式会社、アジア地域の事業統括および投資事業を担うStartia Asia Pte. Ltd.、ウェブソリューション事業を担うMtame(エムタメ)株式会社、台湾でのデジタルマーケティング事業の拡大を担う台灣思達典雅股份有限公司(台湾スターティア)および各事業会社は、それぞれの事業領域において、自らの責任と権限のもとで、事業規模の拡大、収益力の強化、経営人材の育成を行ってまいります。また、2018年4月2日にはカケハシソリューションズとの合弁会社であるWorktus株式会社を立ち上げ、海外IT人材事業を新たに行っております。

当社は、スターティアグループとしての全体戦略を考え、事業ポートフォリオの最適化、グループ全体のコーポレート・ガバナンス体制の強化、経営資源の適正配分を機動的に実施することで、持続的な企業価値の向上を目指してまいります。新体制のもと、グループ一同ますます社業の発展に努力研鑽してゆく所存でありますので、今後とも一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。今後も私たちは「顧客に愛され、社会に貢献し、自ら永続的に進化し続けるITグローバル企業を目指す」ことをビジョンとし、 社員一丸となって事業を推進してまいります。

2018年6月 吉日
代表取締役社長 兼 最高経営責任者本郷 秀之