ホーム > グループ事業 > コーポレートベンチャーキャピタル・海外事業

海外事業

スターティアアジア
シンガポールを拠点とし、海外事業各会社に対し、計数管理等の間接業務、資金・人材:投資計画の策定などのサポート業務を行っています。またコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)事業として、主に東南アジアを中心とした海外投資案件の発掘、実行、管理を手掛けております。
「アジアNo.1のシェアを持ったサービスを創る」ための最短かつ最適な組織

Startia Asia Pte. Ltd.のコーポレートベンチャーキャピタル事業とは

Startia Asia Ptd. Ltd.のコーポレートベンチャーキャピタル事業とは

主に東南アジアにおいて、キャピタルゲインの獲得を目的としたスタートアップ企業への投資事業を行っています。斬新なアイデアや革新的なテクノロジーによって新しいビジネスの創造に 挑むIT系スタートアップ企業に出資し、投資後に出資先の経営を積極的に支援することで、 出資先の企業価値の向上に貢献し、その結果として投下資金を最大化して回収することがこの 事業のビジネスモデルです。

海外における投資先の経営支援として、日本市場、特に中小企業を中心とした法人市場への橋渡しを行うこともスターティアグループに求められる重要な役割のひとつと考えています。東南アジアは急成長している魅力的な経済圏ですが、言語、民族、文化、慣習などは国ごとに異なり、製品やサービスの多国展開は容易ではありません。東南アジアのスタートアップ企業から見れば、巨大でありながらほぼ単一言語で比較的均質な文化を持つ日本はいまだ魅力的な市場なのです。

このようにスターティアグループのコーポレートベンチャーキャピタル事業は、投資という事業を通して海外企業と日本市場、スターティアグループをつなげる役割を果たすことを目指しています。